【活動報告】ビスケットであそぼう!2018 第2回(2018.8.18)

「ビスケットであそぼう! 2018」第2回「『論理』でどんどん動かそう」を8月18日(土)に実施しました。

「論理」ってなんだろう?

2回目になりましたので、ビスケットの基本操作を軽く復習した上で、今回のテーマの「論理」について、参加者のイメージを発表してもらいました。「科学者」「かたくるしい」「論理的な結論」といった言葉があがり、前回の「計算」よりもちょっと難しいイメージを抱いていることが感じられました。
講師が三段論法や条件による場合分けなどの簡単な説明を行い、それから「決まった条件に当てはまった時に変化が起こる」ことを、ビスケット上でどうプログラミングできるかの実践に取り組みました。

条件で変わる作品づくり

後半は、前半で実践した「条件によって変化が起こる」プログラミングを使って、動く作品づくりを行いました。参加した子どもたちは、前回の「計算」で実践した「繰り返し」も意識して、より複雑な作品づくりに挑んでいました。

最後に、全員で作品を見て、いろいろなアイデアがあることを共有しました。それぞれ独自の感覚で作品が作られていて、スクリーンに映像が映るたびに歓声が上がっていました。今回、いろいろな作品がありましたが、中には「条件によっていくつもの違った変化が起こる」プログラミングを、きわめて少ない手順で実現した参加者がおり、その発想に驚かされました。子どもたちは回を追うごとにどんどん成長しているようです。

参考

ビジュアルプログラミング言語「ビスケット」は合同会社デジタルポケットのホームページ(www.digitalpocket.org)でも体験できます。

本事業は、平成30年度子どもゆめ基金助成活動として助成を受けています。

[最終更新日]2018年8月20日

[カテゴリー]